がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ豆腐卵蒸しの甘酢あんかけ

管理栄養士監修レシピ掲載

豆腐卵蒸しの甘酢あんかけ

STORY

やわらかく旨味たっぷりで、栄養価も非常に高いため、様々なお悩みをお持ちの方に適しています。噛むのが辛い方、味が感じられにくい方、少量で栄養を付けたい方の定番料理としていかがでしょうか。

材料(2人分)

  • 絹豆腐1/2丁
  • 1個
  • 万能ねぎ(具材用と一部トッピング用)5本
  • かにかま40g
  • 天かす大さじ2
  • 麺つゆ(濃縮)大さじ1/2
  • 水溶き片栗粉片栗粉小さじ1+水小さじ2
  • 【A】
  • 醤油大さじ1
  • 大さじ1
  • 砂糖大さじ2

作り方

  1. 万能ねぎは小口切りにし、かにかまは手で裂いておく。
  2. ボウルに絹豆腐を入れ、泡だて器で滑らかになるまで混ぜ、卵を加えてさらに混ぜ合わせる。
  3. ②に万能ねぎ(具材用)と天かす、かにかま、めんつゆを入れてかき混ぜる。
  4. 耐熱用スープカップなどにラップを敷き詰め、③を半量入れる。上面もラップで覆い、電子レンジ(600w)で1分半加熱する。同様に計2個作る。
  5. 加熱後、1~2分はそのまま放置し、その後別の容器に上下逆さにして盛る。
  6. 小鍋に【A】を入れ、沸騰したら水溶き片栗粉を入れて撹拌し、甘酢あんを作る。
  7. ⑥の甘酢あんを⑤にかけ、仕上げに万能ねぎをトッピングする。

管理栄養士からのコメント

副菜ではありますが、豆腐と卵がメインで使われているため、タンパク質やビタミンが豊富な一品です。材料を混ぜて電子レンジで蒸すだけなので、時間のない時でも手軽に作ることができます。茶碗蒸しのように非常にやわらかいので、噛むのが辛い方、飲み込むのが辛い方でも食べやすいです。具材のかにかまや天かすの旨味と、あんの甘味や酸味をたっぷり感じられるため、味が感じられにくい方にもぜひお試しいただきたい一品です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.