がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピアジのカレームニエル

管理栄養士監修レシピ掲載

アジのカレームニエル

STORY

苦味を感じる、醤油や塩がしみるという場合、味は薄味がおすすめです。塩がないと物足りなさを感じてしまいがちですが、香辛料やコクのあるバターなどを使用することで、味のアクセントとなり物足りなさをカバーしてくれます。ただし、症状によっては香辛料などを不快に感じることもあるので、様子をみながら使用してください。

材料(2人分)

  • アジ(3枚おろし)120g(小さいアジ6枚分)
  • カレー粉小さじ1/2
  • 片栗粉大さじ1.5
  • バター大さじ1
  • 塩コショウ少々
  • パセリ(粉)少々
  • 【付け合わせ】
  • キャベツ50g
  • トマト40g(2切)

作り方

  1. キャベツは千切り、トマトはくし切りにする。アジの両面に塩こしょうを軽く振りかける。
  2. アジの表面の水気をキッチンペーパーで拭く。キッチンペーパーでカレー粉、パセリ、片栗粉をまぜ、①のアジにまんべんなくまぶす。
  3. 熱したフライパンにバターを溶かし、アジを中火で焼く。焼き色がついたら裏返してさらに焼く。
  4. 両面が焼けたら器に移し、キャベツとトマトを添える。

管理栄養士からのコメント

アジは小骨があるので、気になる方は骨抜きの魚を使用してください。手順②ではアジの水気をしっかりとふきとってください。まぐろや鮭、かじきなど他のお魚でも応用できますので、ぜひ旬のお魚で作ってみてください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.