LINEで「食事相談」はじめました

詳しくはこちら

トマトと卵のふんわり炒め

2018.06.28

お悩み

関連キーワード

調理時間

10

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

リコピンの抗酸化作用を効率よく摂取

噛むことに課題のある方へ作って喜んでいただいたレシピです。旬のトマトをたくさん使える料理をと考案しました。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 226 kcal

たんぱく質 8.4 g

食塩相当量 0.7 g

栄養価の基準値・考え方について

サンプル

表示している円チャートはサンプル画像であり、このページのレシピ栄養価とは関係ありません。プレミアム会員に登録することで、各レシピの円チャートをご覧いただけます。

材料(2人分)

2個
トマト 中2個(250g)
中華顆粒 小さじ1
マヨネーズ 小さじ1
ごま油 大さじ2

作り方

  • トマトは湯剥きしてくし形に切る。
  • 卵をボウルに割り入れ、中華顆粒とマヨネーズを入れて混ぜ合わせる。
  • フライパンを熱してごま油を入れ、トマトを入れて30秒程炒める。
  • ②の卵を全体に入れて底からヘラで大きく混ぜる。
  • 卵全体に火が通ったら器に盛り、完成。

管理栄養士からのコメント

卵にマヨネーズを入れると、ふんわりと仕上がります。他の卵料理でも使える裏ワザです。トマトは湯剥きをすることで、皮が口に残らず噛みやすくなります。トマトは抗酸化作用を持つリコピンを含んでいます。このリコピンは油と一緒に摂取する事で、生よりも効率よく摂取できるようになります。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;