がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ豚ヒレのピカタ

管理栄養士監修レシピ掲載

豚ヒレのピカタ

調理時間 : 10分

エネルギー 348kcal/たんぱく質 38.7g/食塩相当量 1.2g

STORY

ピカタは、お肉やお魚に粉チーズを混ぜた卵液をたっぷりまとわせて焼く西洋料理です。このレシピでは淡白な味の豚ヒレ肉を使いました。粉チーズや卵の香りとコクで、お肉のにおいが気になる方も食べやすいお料理です。

材料(2人分)

  • 豚ヒレ肉(塊)250g
  • ブロッコリー5~6房
  • 薄力粉適量
  • 1個
  • 粉チーズ大さじ2
  • 少々
  • ケチャップ大さじ2
  • サラダ油大さじ1

作り方

  1. ブロッコリーは塩を少々入れた湯で3分ほど茹でる。
  2. 豚ヒレ肉は1cm程度の厚さにスライスし、フォークで数か所穴をあける。肉の表面に薄力粉を薄くまぶす。
  3. ボウルに卵を溶き、粉チーズと塩少々を加えてよく混ぜる。
  4. ②の豚肉を③のボウルの中に入れ、たっぷり卵液をまとわせる。
  5. 油をひいたフライパンで④を加熱する。初めに両面しっかりと焼いたら、蓋をし時々肉を裏返しながらじっくり5分程加熱する。
  6. 器に焼き上がった豚肉とブロッコリー、ケチャップを添える。

管理栄養士からのコメント

豚肉はタンパク質以外に、ビタミンB群を豊富に含んでいます。ビタミンB群は、エネルギー代謝にも関わり、これからの暑い季節に積極的に摂りたい栄養素です。お肉を厚く切りすぎてしまうと、中に火が通る前に表面の卵が焦げてしまうので注意してください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.