がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ空也蒸し

管理栄養士監修レシピ掲載

空也蒸し

調理時間 : 20分

エネルギー 74kcal/たんぱく質 6.0g/食塩相当量 1.1g

STORY

豆腐を使った、優しい蒸し料理です。具が少なく気軽に作ることができます。卵液のだしと、あんのだしを一緒に摂ると、時短でき便利です。

材料(2人分)

  • 1個(50g)
  • だし3/4カップ(150ml)
  • 0.8g程度
  • 絹豆腐1/4丁(100g)
  • 【あんかけ】
  • だし大さじ5(75ml)
  • 片栗粉小さじ1(3g)
  • 薄口醤油小さじ1/2(3g)
  • 少々

作り方

  1. 絹豆腐は半分に切り、器に1個ずつ入れる。
  2. 卵を溶いてだし、塩と混ぜて、茶こしなどで濾して①の器に半分ずつ注ぐ。
  3. 蒸気の立った蒸し器に②を入れて最初は強火で1~2分加熱し、その後弱火で10分程加熱する。
  4. 小鍋にあんかけの材料を入れて混ぜながら弱火にかけ、とろみがついたら火を止める。
  5. 蒸し上がった③に④のあんをかける。

管理栄養士からのコメント

卵と豆腐で良質なタンパク質が摂れるレシピです。卵や豆腐は低脂肪で高タンパクなので、下痢のときにもおすすめの食品です。これらを使った空也蒸しは温かい料理で、下痢のときにもよいでしょう。柔らかい料理なので噛むことが辛いときにも食べやすいと思います。口内炎がいたくて噛むことが辛いときは、少し冷ましてから食べるとよいでしょう。また、下痢のときは刺激物は控えたほうがよいのですが、このレシピはわさびやおろし生姜をトッピングしてもおいしいです。味がしない悩みがあるときにお試ししてみてはいかがでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.