がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ豚つくねのビーフンスープ

管理栄養士監修レシピ掲載

豚つくねのビーフンスープ

調理時間 : 30分

エネルギー 514kcal/たんぱく質 25.2g/食塩相当量 4.3g

STORY

胃の調子を整え、消化吸収を良くする生姜を使った、豚つくねのスープを考案しました。豚肉は疲労回復に良いビタミンB1を多く含んでいます。食欲がない時やだるさがあるときにもおすすめの食材です。また、ビーフンはツルツルと食べやすく、この一杯で炭水化物、タンパク質、野菜がバランス良く摂取できます。

材料(2人分)

  • 豚挽肉100g
  • ねぎ15g
  • 生姜8g
  • にんにく2g
  • 醤油大さじ1/2 (9g)
  • 水または出汁500ml
  • キャベツ小1/4個(75g)
  • 玉ねぎ小1/2個(60g)
  • ビーフン50g
  • 大さじ1(15g)
  • 薄口醤油大さじ1 (18g)
  • 1つまみ

作り方

  1. ねぎは小口切り、生姜とにんにくはすり下ろし、ボールに豚挽肉、醤油大さじ1/2を合わせてよく混ぜ、ピンポン球よりも少し小さいくらいの大きさに分ける(8等分)。
  2. 水または出汁を火にかけ、玉ねぎ、人参、キャベツの順に入れて火を通す。
  3. 沸騰したら①を入れ、全体に火が通るまで10分ほど煮る。
  4. 酒、薄口醤油大さじ1、塩、ビーフンを入れ、ビーフンが柔らかくなるまで煮る(好みで6~8分)。

管理栄養士からのコメント

噛むのが辛い時は、長めに調理して柔らかく仕上げてください。ビーフンが水分をかなり吸うので、お好みに合わせて水分量を調整してください。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.