がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピバナナのスムージー

管理栄養士監修レシピ掲載

バナナのスムージー

STORY

バナナに含まれるビタミンB6や、牛乳に含まれるビタミンB2は皮膚や粘膜の機能を正常に保ち、粘膜の健康維持に欠かせません。そのため、口内炎の際にはどちらも積極的に取りたいビタミンです。

材料(2人分)

  • バナナ2本
  • 牛乳140g

作り方

  1. ミキサーに皮をむいたバナナと牛乳を入れ、なめらかになるまでミキサーにかける。
  2. グラスに移す。

管理栄養士からのコメント

冷たすぎると刺激になるので、常温にして飲んでください。飲むときにストローを使用すると傷に当たりにくなり飲みやすいです。時間をおくと色が変わってしまうため、できたらすぐに飲むことをお勧めします。バナナ以外に桃やりんごなどの季節のフルーツを入れても美味しくいただけます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.