がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ中華風かき玉そうめんスープ

管理栄養士監修レシピ掲載

中華風かき玉そうめんスープ

調理時間 : 15分

エネルギー 92kcal/たんぱく質 4.6g/食塩相当量 1.0g

STORY

中華スープには春雨を使うことが多いですが、そうめんもとても食べやすく中華スープにもよく合います。仕上げのごま油の風味もおいしさのポイントです。

材料(2人分)

  • そうめん(茹で)60g(1/5束)
  • チンゲン菜1/2株(75g)
  • 1個(50g)
  • 1.5カップ(300ml)
  • 中華風顆粒だし小さじ1(2.5g)
  • 薄口醤油小さじ1/2(3g)
  • ごま油小さじ1/2(2g)

作り方

  1. 茹でたそうめんは食べやすい長さに切る。チンゲン菜は軸の部分は太いので2~3等分にに切り分け、葉の部分と合わせて2cmの長さに切る。
  2. 鍋に水と顆粒だしを入れて火にかけ、沸騰したらチンゲン菜を加えて2分程煮て、醤油で味をつける。
  3. 卵を溶きほぐし、②が沸騰しているところへ少しずつ加えてかき玉にし、そうめんを加えて温めたら、ごま油で風味をつける。

管理栄養士からのコメント

乾物のそうめんを使うときは、20g(2人分)を茹でて使って下さい。口が渇く悩みがあるときは献立に汁物を添えるとよいでしょう。そうめんはするすると食べやすいので、口内炎が痛いときなどにも食べやすいかと思います。チンゲン菜の軸の部分が食べにくい場合は柔らかい葉の部分のみを使ったり、小さく切ったり工夫するとよいです。また、今回使用した食材以外にも、豆腐や鶏肉、他の青菜などの具でもアレンジできます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.