がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ豆乳と味噌の大豆のお粥

管理栄養士監修レシピ掲載

豆乳と味噌の大豆のお粥

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 40分

エネルギー 387kcal/たんぱく質 18.7g/食塩相当量 2.1g

STORY

お粥ばかりで飽きてしまうと言う相談を受け考案したレシピです。数々のアレンジ粥を考案させて頂いた中でも人気だったアレンジ粥です。これ一品で炭水化物、たんぱく質、食物繊維などたっぷり栄養を補えるよう食材の選択を工夫してあります。

材料(2人分)

  • ご飯200g
  • 豆乳カップ3
  • 大豆水煮20粒(40g)
  • 梅干し1粒
  • 味噌大さじ1
  • かつおだし小さじ1/2
  • 生姜スライス3枚
  • しそ3枚

作り方

  1. 生姜としそを千切りにする。
  2. 鍋に生姜、豆乳、大豆水煮、かつおだし、ご飯を加え中火で煮込む。
  3. 煮立ってきたら弱火でお好みの硬さになるまで煮込む。
  4. 火を止める直前に味噌を加えさっくりと全体が混ざり合うように混ぜる。
  5. 器に盛り付けしそと梅干しを飾る。

管理栄養士からのコメント

梅干しは唾液の分泌を促し、でんぷんの消化を高めるので、おかゆと梅干しは消化にいい組み合わせです。体調悪い時は、多めの水分を含ませると消化がさらに良くなります。豆乳、大豆、味噌とふんだんに大豆製品を加え良質たんぱく質や不足しがちなカルシウムなどミネラルもたっぷり補給することが出来るよう工夫しました。

LINEで送る
友だち追加

"豆乳と味噌の大豆のお粥"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.