がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピおなかに優しい鶏味噌うどん

管理栄養士監修レシピ掲載

おなかに優しい鶏味噌うどん

調理時間 : 10分

エネルギー 418kcal/たんぱく質 20.8g/食塩相当量 2.7g

STORY

下痢の時は具材や量の多いものを食べることが難しく、作るのも一苦労。そんな時にも具材3つだけ、10分でささっと作れる簡単うどんです。味噌ベースのスープも丸ごと飲めて水分と栄養補給もできます。

材料(2人分)

  • 冷凍うどん2玉(500g)
  • 鶏ささみ100g
  • 小ねぎ20g
  • 500cc
  • 大さじ2(30g)
  • 味噌大さじ2(27g)
  • みりん大さじ2(36g)

作り方

  1. 鶏ささみは細かく食べやすい大きさに切る。
  2. 小ねぎは小口切りに切る。
  3. 水を沸騰させ、先に鶏ささみを茹で、沸騰したら灰汁をとり、ネギを加える。
  4. 酒、みりん、味噌を漉しながら入れ、スープを作る。
  5. 冷凍うどんを茹でて④のスープを注ぐ。

管理栄養士からのコメント

下痢の時や噛むのが難しい時は、鶏ささみをできるだけ小さく切ると食べやすくなります。鶏ささみは脂肪分が少なく、消化も良く、良質のタンパク質を豊富に含みます。今回のレシピは、短時間でもさっとできるように具材も3つとシンプルですが、食べられる時は季節の野菜をいくつか刻んで、一緒に煮ても美味しいです。また、鶏ささみの他にも白身魚でも代用できます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.