がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ納豆とオクラのお粥

管理栄養士監修レシピ掲載

納豆とオクラのお粥

調理時間 : 15分

エネルギー 221kcal/たんぱく質 6.8g/食塩相当量 0.0g

0

STORY

納豆とオクラでとろみのついたお粥で、食欲がないときにも食べやすかったレシピです。炊いたご飯で作るので忙しい朝などにも便利です。

材料(2人分)

  • ごはん茶碗軽く2杯(200g)
  • 2カップ
  • 納豆1パック(50g)
  • オクラ2本(20g)

作り方

  1. オクラは分量外の塩で板ずりをして、小口切りにする。
  2. 鍋にごはん、水を入れて火にかけ、好みの柔らかさになるまで5~10分煮たら、納豆とオクラを加えて1~2分温める。

管理栄養士からのコメント

口が渇く悩みがあるときには、水分を含んで食べやすいように柔らかく調理したお粥もおすすめです。納豆のように柔らかくて栄養価の高い食材も取り入れるとよいでしょう。卵を加えてもおいしく、栄養価がUPできます。
納豆とオクラは食物繊維が豊富で、水に溶ける水溶性食物繊維も多く含まれています。水溶性食物繊維は便を柔らかくする働きや、腸内環境を整える働きがあり、便秘の予防・解消に役立ちます。不溶性食物繊維より水溶性食物繊維の含有量が少ない食品が多く不足しがちと言われるので、より意識して摂るとよいでしょう。
このレシピは特に味付けしていませんので、お好みで塩や醤油で味をつけたり、佃煮や梅干し、漬物などと一緒に食べたりしてもよいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.