がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピすくって食べる豆腐入りコロッケ

管理栄養士監修レシピ掲載

すくって食べる豆腐入りコロッケ

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 40分

エネルギー 174kcal/たんぱく質 6.9g/食塩相当量 0.9g

STORY

こどもの日は「端午の節句」という男の子の成長をお祝いする日。コロッケと言えば子供の大好物。こどもの日に、この1品で炭水化物、たんぱく質、脂質やミネラルをバランス良く摂取できる様にレシピを仕上げました。

材料(2人分)

  • じゃがいも中2個(160g)
  • ひき肉(合挽き)30g
  • 豆腐30g
  • パン粉(衣用) 適量
  • ☆コンソメ小さじ1/4
  • ☆塩小さじ1/4
  • バター小さじ1
  • エンドウ豆の塩煮10粒

作り方

  1. フライパンにバターを敷きパン粉を炒め器に空けておく。
  2. ジャガイモは芽を取り、皮付きのまま芯が柔らかくなるまでゆでる。
  3. その間にフライパンに挽き肉と木綿豆腐に☆を加え、ほぐしながら肉に火が通るまで炒める。
  4. じゃが芋が芯まで柔らかくなったら、熱い内に皮を除いて潰す。
  5. ③と④を混ぜ合わせる。
  6. 器に移してパン粉を振り、トースターで約2分焼き上げる。
  7. 焼きあがったら上にエンドウ豆を飾る。

管理栄養士からのコメント

揚げずに作れるのでヘルシーで尚且つ、型崩れを気にせずに作ることができる簡単コロッケです。お豆腐だけでなく、苦手な野菜を細かく刻んで入れてあげても美味しく召し上がれます。お子様はもちろん、ご家族皆さんで楽しくパクパク食べてくれるよう工夫したレシピです。豆腐を加える事で不足しがちな、カルシウムやマグネシウム、食物繊維など補えるレシピになっています。クリームコロッケやかぼちゃコロッケなどアレンジ自由自在です。

LINEで送る
友だち追加

"すくって食べる豆腐入りコロッケ"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.