がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピお好み焼き風卵焼き

管理栄養士監修レシピ掲載

お好み焼き風卵焼き

Loading マイレシピに登録

STORY

低栄養の患者さんでも、タンパク質をしっかりと摂っていただけるよう考えたメニューです。ソースの甘辛い香りに食欲が増進されます。一品で主食、主菜、副菜がとれるため、食欲不振や低栄養の方にぴったりなメニューです。紅ショウガがアクセントとなり、食欲がない時でも美味しくいただくことができます。お肉のにおいが気になる方でもソースや紅ショウガの味がはっきりとしており臭いを感じにくいです。

材料(2人分)

  • じゃが芋1/2個(50g)
  • キャベツ1~2枚(50g)
  • 3個
  • 紅ショウガ10g
  • 豚肉25g
  • サラダ油大さじ1/2
  • お好み焼きソース適量
  • マヨネーズ適量
  • かつお節適量

作り方

  1. じゃが芋は細切り、キャベツは千切りに切る。
  2. 卵は紅ショウガを加えて割りほぐしておく。
  3. 熱したフライパンに油をひき、豚肉と①を入れて炒める。
  4. 火が通ったら②の卵を流し込み、弱火にして蓋をする。
  5. 卵が固まったら、裏返して焼き色がつくまで弱~中火で加熱する。
  6. ⑤を皿に移し、ソースとマヨネーズ、かつお節、紅ショウガ(分量外)をお好みでかける。

管理栄養士からのコメント

玉子焼き自体の味付けは紅ショウガのみなので、ソースはたっぷりかけた方が美味しく召し上がれます。卵がベースとなっているため、冷めても固くなりません。噛むのが辛い方は豚肉の代わりにひき肉を使用し、キャベツと紅ショウガはみじん切りにして入れると、より食べやすくなります。

LINEで送る
友だち追加

"お好み焼き風卵焼き"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.