がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピかぶの肉味噌かけ

管理栄養士監修レシピ掲載

かぶの肉味噌かけ

STORY

かぶは煮込むことで柔らかくなり、飲み込みや噛むのが辛い患者さんでも食べることができるメニューです。赤味噌は熟成期間が長いので他の味噌と比べてコクがあり美味しく仕上がります。肉味噌をかけることで味付けがはっきりとするので、味がしないという患者さんにもおすすめです。

材料(2人分)

  • かぶ2個(200g)
  • だしの素(顆粒)2g
  • 400㏄
  • 鶏ひき肉80g
  • 調理油大さじ1(12g)
  • 赤味噌大さじ2(36g)
  • 砂糖小さじ2(6g)
  • 調理酒大さじ2(30g)

作り方

  1. かぶは1口大に切る。
  2. 鍋に水とだしの素、かぶを入れて柔らかくなるまで煮る。
  3. 熱したフライパンに油をひき、鶏ひき肉を炒める。
  4. 鶏ひき肉に火が通ったら、赤味噌、砂糖、酒を入れ弱火でよく混ぜる。
  5. ②のかぶをザルにあげ、水気をよく切って器に盛りつけたら、④の肉味噌をかける。

管理栄養士からのコメント

赤味噌以外にも、ご家庭で使用している合わせ味噌や白味噌等でも代用できます。塩分が気になる方は、減塩の味噌を使用すると塩分量を抑えることができます。肉味噌は冷めても味がしっかりとしていて美味しいので、においが気になる方は冷やして香りを抑えると、召し上がりやすくなります。肉味噌は他の野菜や豆腐、ご飯にも合うので、一度にたくさん作って保存しておくと楽です。冷蔵は2~3日、冷凍保存であれば2週間程度もちます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.