がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ茹で鶏とみつばのわさび醤油和え

管理栄養士監修レシピ掲載

茹で鶏とみつばのわさび醤油和え

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 20分

エネルギー 100kcal/たんぱく質 13.6g/食塩相当量 0.7g

STORY

わさびは、肉料理にもよく使います。和え物に使うとわさびの味わいがアクセントになり美味しいです。みつばの香りも爽やかで、あっさりした鶏肉とよく合う一品です。

材料(2人分)

  • 鶏胸肉1/2枚(125g)
  • みつば1/2株(15g)
  • 薄口醤油小さじ1(6g)
  • 練りわさび5g
  • 【茹で調味料(鶏胸肉1枚分)】
  • 長ねぎの青い部分1本
  • 生姜薄切り3~4枚
  • 2カップ(400ml)
  • 1/4カップ(50ml)

作り方

  1. 鍋に鶏胸肉と、鶏胸肉を茹でる用の調味料を加え、蓋をして中火にかける。
  2. 沸騰したらアクを取り、弱火にして8~10分程茹でて火を止め、そのまま余熱で火を通す。
  3. ②が冷めたら手で裂く。皮の部分は細切りにする。みつばは2cm程度に切る。
  4. 醤油とわさびを混ぜて③を和える。

管理栄養士からのコメント

味がしない悩みがあるときは、ハーブや香辛料などを利用して味にアクセントをつけるとよいです。日本のハーブのみつばとわさびを利用した和え物は、香りと風味がよく、辛味もおいしいです。刺激物が大丈夫で、わさびが苦手でなければ試してみてはいかがでしょう。また、冷めてもおいしい肉料理で、みつばの香りも味わえるので、肉のにおいが気になるときにも、是非お試しください。茹で鶏は1枚分作ってしまうと楽です。ゆで汁はスープとして利用することができます。青ねぎや生姜、酒などを利用して肉の臭みを抑えられるように工夫するとよいです。

LINEで送る
友だち追加

"茹で鶏とみつばのわさび醤油和え"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.