がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ白身魚の中華あんかけ

管理栄養士監修レシピ掲載

白身魚の中華あんかけ

調理時間 : 20分

エネルギー 109kcal/たんぱく質 16.8g/食塩相当量 2.5g

STORY

飲み込みが難しかったり、むせてしまう方に提供しているメニューです。あんかけにすることでとろみがつき、むせにくく、飲み込みやすくなります。また、消化しやすい白身魚を使用しているので、胃や腸に負担がかからず下痢などの時にもおすすめの1品です。

材料(2人分)

  • 白身魚2切れ
  • 人参20g(5㎝)
  • 玉ねぎ1/2個
  • きぬさや5枚
  • しょうゆ大さじ1
  • 大さじ3
  • 鶏がらスープの素3g
  • 200cc
  • 【水溶き片栗粉】
  • 片栗粉大さじ1
  • 大さじ2

作り方

  1. 鍋に湯(分量外)を沸かして白身魚をゆで、火が通ったらお皿に移す。
  2. 人参と玉ねぎは細切り、きぬさやは筋を取って3㎝に切る。
  3. 鍋に人参、玉ねぎ、しょうゆ、酒、鶏がらスープの素と水(200㏄)を入れて火にかける。水はお好みで調整する。
  4. 野菜に火が通ったら、きぬさやをいれる。
  5. ④に水溶き片栗粉を入れて、とろみがつくまでよく混ぜる。
  6. お皿に盛った①に、⑤をかける。

管理栄養士からのコメント

低栄養気味でカロリーを摂りたい場合は、あんにごま油を大さじ1杯(120kcal)プラスするとカロリーもアップし、風味も良くなります。また、魚をソテーしても美味しくいただけます。白身魚は骨が細かいので、食べる際は気をつけてください。骨が気になる方は、購入する際に骨が取ってある魚を選ぶと安心です。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.