がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピえび卵ブロッコリーのサンドイッチ

管理栄養士監修レシピ掲載

えび卵ブロッコリーのサンドイッチ

調理時間 : 15分

エネルギー 194kcal/たんぱく質 9.4 g/食塩相当量 0.9 g

STORY

吐き気があり、食欲が落ちているときにはサンドイッチが食べやすく感じました。リーフレタスをはさむことで、さっぱりした味になり、サンドイッチの具のえびや卵をマヨネーズと和えることで、滑らかな口当たりになります。

材料(2人分)

  • サンドイッチ用食パン4枚
  • マーガリン5g
  • むきえび30g
  • ブロッコリー20g
  • 1個
  • マヨネーズ10g
  • 食塩少々
  • こしょう少々
  • リーフレタス15g

作り方

  1. ゆで卵を作り、さいの目に切っておく。
  2. ブロッコリーとえびを茹でて、ブロッコリーをゆで卵と同じ大きさに切っておく。
  3. ①と②、マヨネーズを混ぜ合わせて、塩こしょうで味を整える。
  4. サンドイッチ用パンにマーガリンを塗り、リーフレタス、③をはさむ。食べやすい大きさに切って、できあがり。

管理栄養士からのコメント

サンドイッチの具に入っているえびは、高タンパク質でアルギニンなどの良質なアミノ酸が含まれます。また、卵にも良質なたんぱく質が含まれますので、食欲が落ちてしまったときに食べると効率よく栄養を摂ることが出来ます。サンドイッチは手軽に作れますし、その日の好みで具も変えられるのでおススメです。例えば、サラダチキンやツナサンド、生のフルーツを生クリームとはさんだフルーツサンドもおススメです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.