がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピわかめと梅干しのそうめん

管理栄養士監修レシピ掲載

わかめと梅干しのそうめん

調理時間 : 10分

エネルギー 216kcal/たんぱく質 6.5 g/食塩相当量 6.2 g

STORY

抗がん剤治療中の患者さんが食欲が落ちているときの希望で作った一品です。うどんより柔らかく細いそうめんが食べやすいと仰っていました。つゆの味を濃い目にしているので、味覚が感じられにくい時にもおすすめです。

材料(2人分)

  • そうめん1束
  • わかめ(水で戻したもの)10g
  • 梅干し2個
  • めんつゆ(4倍濃縮)70ml
  • だし汁200ml
  • 長葱10g

作り方

  1. わかめの塩を水で洗い流し、水に浸けて戻す。戻したら食べやすい大きさに切っておく。
  2. 大きめの鍋にたっぷりの水(分量外)を入れて、沸騰させる。
  3. 鍋にめんつゆとだし汁を入れてひと煮たちさせる。つゆの温度はお好みで調整する。
  4. ②にそうめんを入れて2分茹でる。ざるにあげて流水で洗う。
  5. 薬味の長葱を小口切りにする。
  6. めんを器に盛り、わかめ、梅干し、長葱を添えてつゆをかけ、できあがり。

管理栄養士からのコメント

そうめんはやわらかく、口当たりがよいのでつるっと食べられます。また、梅干しにはクエン酸が豊富に含まれており、疲労回復効果や胃酸を分泌させて食欲を増進させる効果が期待できます。さらに、温かいにゅうめんにすると、体も温まるので体調に合わせて温度を変えてみるのもおすすめです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.