がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピあんかけチャーハン

管理栄養士監修レシピ掲載

あんかけチャーハン

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 25分

エネルギー 455kcal/たんぱく質 14.0 g/食塩相当量 2.4 g

STORY

スープとごはんが一緒に食べられるような料理、あんかけチャーハンが好きで、自宅でも気軽に作って食べています。卵1個を使いきれるレシピは作りやすくて好評です。

材料(2人分)

  • <チャーハン>
  • ごはん茶碗2杯(300g)
  • 卵黄2個(40g)
  • カニ風味かまぼこ50g
  • 長ねぎ1/4本(25g)
  • しょうが5g
  • 小さじ2(8g)
  • 塩、こしょう少々
  • 濃口醤油小さじ1/2(3g)
  • <あん>
  • 卵白2個(60g)
  • 1.5カップ(300ml)
  • 大さじ2(30ml)
  • 顆粒鶏がらだし小さじ2(5g)
  • 片栗粉大さじ1(9g)
  • ごま油小さじ1/2(2g)
  • 青ねぎ5g

作り方

  1. ごはんに卵黄を混ぜておく。カニ風味かまぼこは食べやすく切り、長ねぎ、しょうがはみじん切りにする。
  2. フライパンを熱して油をひき、しょうがを炒める。香りがしてきたら卵黄入りのごはんを加えてパラパラになるまで炒め、チャーハンを作る。
  3. カニ風味かまぼこ、長ねぎを加えて軽く炒め、塩、こしょう、濃口醤油で味をつけたらお皿に盛る。
  4. あんを作る。鍋に水、酒、顆粒だしを加えて煮立て、片栗粉を大さじ2の水で溶いて加え、とろみがついたら卵白を加えて混ぜ、ごま油で風味を付ける。
  5. ③に④をかけ、刻んだ青ねぎをのせる。

管理栄養士からのコメント

口が渇く悩みがあるときには、汁物や飲み物を添えたり、食べやすく飲み込みやすい料理にしたりするとよいです。あんかけチャーハンにすれば、パラッと炒めたチャーハンの味わいも楽しめますし、とろみのついた卵白のあんがかかっているので、水分も一緒に摂れて食べやすいかと思います。とろみの加減や水分量は食べやすいように調整して下さい。また、チャーハンの中の具はハムやチャーシュー、ちくわなど、お好みの具でアレンジして楽しんで下さいね。

LINEで送る
友だち追加

"あんかけチャーハン"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.