がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ豆乳坦々うどん

管理栄養士監修レシピ掲載

豆乳坦々うどん

調理時間 : 20分

エネルギー 527kcal/たんぱく質 22.3g/食塩相当量 4.1g

STORY

四川料理の担々麺からヒントを得て作った、まろやかな和風料理です。豆乳の甘味が辛さをほどよく抑え、ゴマのコクも加わったことで、味のバランス良く仕上がりました。のどごしの良いうどんと挽肉を使っているので、咀嚼にお悩みの方も食べやすいメニューです。

材料(2人分)

  • うどん(乾麺)160g
  • 豚挽き肉80g
  • 小松菜1束
  • 【スープ】
  • 200cc
  • 豆乳400cc
  • 味噌小さじ2
  • 醤油小さじ1
  • 鶏がらスープの素小さじ1
  • 豆板醤小さじ1

作り方

  1. 小松菜は1分半ほど茹で、食べやすい大きさに切る。
  2. サラダ油(分量外)をひいたフライパンで豚挽き肉を炒める。
  3. スープの材料を全て鍋に入れ、ふつふつとするまで弱火で加熱する。
  4. うどんを茹で、茹で上がったら深い皿に入れる。
  5. ④に③のスープを注ぎ、小松菜と豚ひき肉を乗せる。

管理栄養士からのコメント

挽肉を炒めすぎるとパサパサと乾いてしまい、喉に詰まりやすくなってしまうので注意しましょう。食べる際はスープとお肉をよく馴染ませると良いです。うどんに変えて、そうめんや中華麺の他、ごはんで雑炊風にするなど、お家にあるものでお作りいただけます。夏場はスープを一度冷まして、冷やし坦々麺風にするのもオススメです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.