がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ海老の大葉にんにくバター炒め

管理栄養士監修レシピ掲載

海老の大葉にんにくバター炒め

Loading マイレシピに登録

調理時間 : 10分

エネルギー 240kcal/たんぱく質 19.8g/食塩相当量 0.7g

STORY

減塩食の方に醤油等の調味料をあまり使わずにできるレシピを考えた時に、大葉にんにくバターができあがりました。大葉にんにくバターは、バターだけの塩分で、様々な料理に使えるので今回の海老の他にも、ムニエルや鶏と炒める時にも使っています。大葉とにんにくの風味がバターにプラスされて、塩分が少なくても味がしっかりしているように感じられます。

材料(2人分)

  • 海老 大きめ8尾
  • バター(有塩)40g
  • 大葉6枚
  • みじんにんにく小さじ1

作り方

  1. 大葉を4枚千切りにする。
  2. 常温に戻し柔らかくしたバターに、みじんにんにくと①を混ぜ込む。
  3. 海老は殻をむき背ワタを取り除く。
  4. フライパンを中火で熱し、②入れて半分程溶けたら海老を入れて炒める。
  5. 約5分程炒め、海老に火が通ったら、器に盛り付け用に残しておいた2枚の大葉を、手でちぎってトッピングし完成。

管理栄養士からのコメント

フライパンを強火にしてしまうと、大葉の色がとび、にんにくが焦げてしまうので必ず中火にしてください。大葉にんにくバターは1度にたくさん作りラップで筒状にくるんで冷蔵庫で保管しておけば、作り置きができます。大葉は臭覚神経に働き、胃液の分泌を活発にして食欲を増進させる効果があります。食欲が減ってきたと感じる時にもおススメです。

LINEで送る
友だち追加

"海老の大葉にんにくバター炒め"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.