がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピ冬野菜たっぷりの牛すき煮

管理栄養士監修レシピ掲載

冬野菜たっぷりの牛すき煮

調理時間 : 20分

エネルギー 281kcal/たんぱく質 17.2g/食塩相当量 1.4 g

STORY

1人でも簡単にすき焼きを楽しもうと作ったレシピです。甘辛の味付けでごはんがすすみます。日頃、野菜が不足しがちの人にもおすすめしたい、冬野菜がたっぷり食べられる料理です。

材料(2人分)

  • 牛薄切り肉(肩ロースなど)160g
  • 白菜小2枚(160g)
  • 長ねぎ1/2本(50g)
  • 春菊3~4本(40g)
  • 椎茸3個(45g)
  • 小さじ1(4g)
  • 大さじ4(60g)
  • 大さじ2(30g)
  • 濃口醤油大さじ1(18g)
  • みりん大さじ1/2(9g)
  • 砂糖大さじ1/2(4.5g)
  • 一味唐辛子お好みで少々

作り方

  1. 牛肉は食べやすい大きさに切る。白菜はざく切りに、長ねぎは斜め4cmに、春菊は4~5cmに切る。椎茸は石づきを除いてそぎ切りにする。
  2. 鍋を火にかけて油をひき、牛肉を炒める。肉の色が変わったら白菜・長ねぎ・椎茸と水・酒・醤油・みりん・砂糖を合わせて加えて5~6分煮る。
  3. 具に火が通ったら春菊を加えてさっと煮て、お皿に盛り、お好みで一味唐辛子をふって完成。

管理栄養士からのコメント

すき焼きに入れるときと同様、焼き豆腐やしらたきなどの具を加えたり、溶き卵を仕上げに加えたりアレンジして楽しむことができます。野菜やきのこなどをたっぷりと食べれば食物繊維も摂ることができ、便秘の予防や解消にも役立ちます。また、味がしない悩みがあるときには一味唐辛子で味にアクセントをつけてみてはいかがでしょう。春菊の独特の香りもよいアクセントになります。同じく旬のせりを加えてもおいしいです。そして牛肉に多い亜鉛は、味蕾の新陳代謝に必要で、味覚の変化の悩みがあるときや、症状の予防のためにも意識して摂るとよいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.