がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ鶏胸肉のピカタ

管理栄養士監修レシピ掲載

鶏胸肉のピカタ

Loading マイレシピに登録

エネルギー 246kcal/たんぱく質 28.4 g/食塩相当量 0.6 g

STORY

鶏肉のピカタはお弁当に入れても、冷めてもおいしいということで話題に上がりました。さっぱりした鶏胸肉もしっとり柔らかく、チーズ入りの衣は旨みがあっておいしいです。卵とパセリで彩りも明るくきれいです。

材料(2人分)

  • 鶏胸肉(皮なし)1枚(200g)
  • 塩こしょう少々
  • 薄力粉大さじ1(9g)
  • 大さじ1(12g)
  • <衣>
  • 1個(50g)
  • 粉チーズ大さじ1(6g)
  • パセリ小1房(3g)
  • <付け合わせ>
  • ミニトマト4個(40g)
  • パセリ適量

作り方

  1. 衣を作る。パセリを刻んで卵、粉チーズと混ぜ合わせる。
  2. 鶏胸を六等分に削ぎ切りにし、塩こしょうを振る。
  3. ②に薄力粉を薄くまぶし、①の衣にくぐらせて、熱したフライパンに油をひいて焼く。
  4. 片面2~3分中火で焼いて、焼き色がついたら裏返して反対側も同様に焼いたらお皿に盛り、ミニトマトとパセリを添えて完成。

管理栄養士からのコメント

料理のにおいが気になるときは、温かい料理よりも冷たい料理のほうが食べやすいようです。温かい料理も少し冷ましてから食べるとよいです。鶏肉のピカタは冷めても肉がしっとりと柔らかくておいしいので、においが気になるときにも試してみてはいかがでしょう。パセリのようなハーブは彩りだけでなく香りづけにも役立ちます。それほど香りは強くありませんがアクセントにもなり、肉のにおいが気になるときにも食べやすくなるかもしれません。活用してみるとよいです。

LINEで送る
友だち追加

"鶏胸肉のピカタ"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.