がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピじゃが芋の茶巾あんかけ

管理栄養士監修レシピ掲載

じゃが芋の茶巾あんかけ

STORY

義歯が合わずに噛む事が困難な方に、じゃが芋をつぶした料理を食べて頂いた事から始まったレシピです。飲み込みが辛い方へも食べていただきたいと考え、とろみと南瓜を追加しました。施設では、行事食の1品として人気になっています。

材料(2人分)

  • じゃが芋100g(目安2個)
  • 南瓜50g
  • 松茸のお吸い物の素1P
  • 片栗粉小さじ1
  • 熱湯80cc

作り方

  1. じゃが芋と南瓜は皮をむいて1㎝角に切る。
  2. 耐熱皿にそれぞれ別に入れてふんわりとラップをし、500Wのレンジで2分かける。
  3. 熱いうちにそれぞれをつぶす。
  4. ラップを大き目に敷いて、じゃが芋を平らに乗せる。
  5. じゃが芋の上に南瓜を中心に乗せる。
  6. ラップを茶巾絞りのように絞って丸く形をととのえる。
  7. ボウルに松茸のお吸い物の素を入れ(海苔は取り除きます)、片栗粉を入れる。
  8. 熱湯を入れながら混ぜて、とろみをつける。
  9. 器に⑥を乗せて、上から⑧をかける。

管理栄養士からのコメント

じゃが芋だけを使用した場合パサついて飲み込みにくいため、中心に南瓜を入れパサつきを軽減するよう工夫いたしました。また、とろみをかけて全体に水分をもたせることで、さらに飲み込みしやすくしました。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.