がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ洋風きのこと牛肉の佃煮

管理栄養士監修レシピ掲載

洋風きのこと牛肉の佃煮

Loading マイレシピに登録

STORY

ごはんやパンと一緒にいただいても、そのまま食べてもおいしい料理です。お弁当のおかず、ワインのおつまみとしても喜ばれます。こってりした味付けがおいしく、きのこがたっぷりと食べられます。

材料(2人分)

  • 牛薄切り肉(肩ロース)50g
  • お好みのきのこ合計100g
  • 赤ワイン大さじ2 (30ml)
  • ケチャップ大さじ1 (15g)
  • ウスターソース大さじ1/2 (9g)
  • 砂糖小さじ1 (3g)

作り方

  1. 牛肉は一口大に切る。きのこは石づきを切り落として食べやすい大きさに切る。(写真はえのき35g、マッシュルーム30g、舞茸15g、椎茸・エリンギ各10g)
  2. 鍋に赤ワインと牛肉を加えてアクを取りながら煮る。
  3. 肉の色が変わったらきのこを加えて煮て、しんなりしたらケチャップ・ウスターソース・砂糖を加えて混ぜて煮詰めて完成。

管理栄養士からのコメント

食物繊維を多く含むきのこがたっぷり食べられるレシピです。食物繊維は便の量を増やしたり、腸内環境を整えたりする働きがあり、便秘の予防・解消に欠かせません。きのこの種類も自由に選べるので、お好みのものやその時あるものでアレンジができます。
食事量が減ってしまうことでも便秘になるので、ごはんやパンなどの主食も一緒にしっかりと食べられるといいですね。
また、冷めてもおいしいのでお弁当などにも便利ですし、冷たい料理は熱い料理よりもにおいが立ちにくいです。そのためお肉のにおいが気になるという方も試してみてはいかがでしょう。

LINEで送る
友だち追加

"洋風きのこと牛肉の佃煮"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.