がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ大学南瓜

管理栄養士監修レシピ掲載

大学南瓜

エネルギー 200kcal/たんぱく質 1.8g/食塩相当量 0.9g

STORY

大学南瓜は、さつまいもで作る大学芋を南瓜にしてアレンジしたものです。高齢者施設に勤めていた時、甘いもの好きな方が多く、みなさんに好評の一品でした。

材料(2人分)

  • 南瓜160g
  • 砂糖大さじ1
  • みりん大さじ1
  • 醤油小さじ1
  • 食塩少々(1g)
  • はちみつ大さじ1
  • 揚げ油適量
  • 白ごま適宜

作り方

  1. 揚げ油を180℃に熱しておく。
  2. 南瓜は一口大に切って耐熱皿に入れて、電子レンジ600Wに約3分かける。(串がささるぐらいにやわらかくしておく。)
  3. 調味料(砂糖・みりん・醤油・食塩・はちみつ)をすべて合わし、火にかけておく。
  4. ②を1~2分揚げ、熱いうちに③と絡める。
  5. お好みで白ごまをかけたら完成。

管理栄養士からのコメント

炒めても美味しく仕上がります。ごまは煎ることで香ばしい香りが出るので、フライパンで煎ってから使用すると良いです。便秘のときには食物繊維を多く含む緑黄色野菜や根菜類、大豆などの食品を取り入れましょう。南瓜は食物繊維が多く含まれている他、抗酸化作用のあるβ-カロテンや免疫力を高めるビタミンC、血液の流れをよくするビタミンEが含まれている緑黄色野菜のひとつです。南瓜は皮にもたっぷり栄養が含まれているので、皮ごと食べるのがオススメです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.