がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピチーズリゾット

管理栄養士監修レシピ掲載

チーズリゾット

0

栄養バランス

エネルギー278kcalたんぱく質7.5kcal
食塩相当量1.4gもっと見る 亜鉛--mg
鉄分--mgカルシウム--mg
糖質--g脂質--g
食物繊維総量--g水溶性食物繊維--g
不溶性食物繊維--gビタミンB1--mg
ビタミンB2--mgビタミンB6--mg
ビタミンB12--μgビタミンD--μg
ビタミンA--μgビタミンC--mg
ビタミンE--mg葉酸--μg
カリウム--mgマグネシウム--mg

閉じる

STORY

お米から作る本格的なリゾットですが、とても簡単で、材料も身近なもので作ることができます。チーズのコクとうまみがおいしいです。おかゆや雑炊はあまり好きではないという方も、チーズリゾットはおいしいと言って食べてくれたことがあります。

材料(2人分)

  • 生米100g
  • 玉ねぎ1/4個 (50g)
  • ピザ用チーズ30g
  • 粉チーズ小さじ2 (4g)
  • オリーブオイル小さじ2 (8g)
  • 2カップ (400ml)
  • 顆粒コンソメ小さじ2 (5g)
  • お好みでこしょう少々

作り方

  1. 米はさっと洗う。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. 鍋を火にかけオリーブオイルをひき、玉ねぎを炒める。透き通ってきたら米を加えてさっと炒め、水とコンソメを加えて蓋をして10分程弱火で煮る。
  3. 米が炊けたらピザ用チーズと粉チーズを加えて混ぜる。お皿に盛り、こしょうをかけて完成。

管理栄養士からのコメント

チーズは牛乳の栄養成分が濃縮されていて、タンパク質やカルシウムなどを含む栄養価の高い食品です。皮膚や粘膜の健康と関わっているビタミンB2も多く含まれているので、口内炎の悩みがあるときにもよいでしょう。やわらかいリゾットなら、口内炎が痛くて噛むことが辛いときにも食べやすいかと思います。お米の軟らかさは、食べやすくなるように、水の量や加熱時間を調整してください。また、口内炎が痛いときには、濃い味付けや熱さも刺激になってしまいます。チーズやコンソメにも塩分が含まれているので、味をみて食べやすいように調整したり、少し冷ましたりしてから食べたりするとよいでしょう。こしょうなどのスパイスも好みや体調にあわせて調整してください。チーズの種類はピザ用チーズ以外でも作れますが、ゴーダやグリュイエールなど、とろけるタイプのチーズがおすすめです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.