がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピタラのかぶら蒸し

管理栄養士監修レシピ掲載

タラのかぶら蒸し

STORY

和食料理店でかぶら蒸しを食べて、嚥下食に良いかもしれないとアイデアをもらいました。泡立てたふわふわの卵白に包んで蒸しあげるかぶら蒸しは口当たりが良く優しい味です。

材料(2人分)

  • タラ2切れ
  • かぶ2個
  • 人参(薄切り)4枚
  • しめじ1/4個
  • 卵白1個
  • 少々
  • ~あん~
  • だし汁100ml
  • 薄口醤油小さじ1/2
  • みりん小さじ1
  • 少々
  • ~水溶き片栗粉~
  • 片栗粉大さじ1
  • 大さじ1

作り方

  1. タラは塩少々・酒大さじ1(分量外)をふりかけておく。
  2. 人参は皮をむいて薄切りにして、下茹でしたら型抜きする。しめじは石づきを切り落とし、小房にわけておく。
  3. かぶは皮を剥き、おろし器ですりおろし、ザルに入れて水気を切る。
  4. ボウルに卵白と塩少々を加え、ツノが立つまでしっかりと泡立て、③を加え混ぜ合わせる。
  5. 皿に水気を拭き取った①を置き、上から④をかけ、人参としめじを添える。
  6. 強火にかけて蒸気の上がった蒸し器に⑤を入れて中火で10分蒸す。
  7. 鍋にあんの材料を入れ、沸騰したら水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。
  8. 蒸しあがった⑥に⑦をかける。

管理栄養士からのコメント

工程⑥で蒸し器がない場合は、耐熱皿に①を置き、ふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで3〜4分加熱し、上から④をかけ、人参としめじを添えてさらに5〜6分加熱してください。タラの皮や骨は食べる前に取り除きます(骨抜きの切り身を購入すると良いでしょう)。タラの身をほぐして、ムース状の卵白ととろみのついたあんを混ぜ合わせて食べると噛むのが辛い方や飲み込むのが辛い方にも食べやすいです。また、油を使っておらずあっさりとしているので胸焼けがする方にもおすすめです。お好みでワサビをのせて食べるとよく合います。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.