がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピあじのなめろう

管理栄養士監修レシピ掲載

あじのなめろう

0

STORY

なめろうは千葉県の房総半島沿岸が発祥の郷土料理であり、房州名物の漁師料理と言われます。お酒のおつまみのイメージがありますが、白いごはんによく合うおかずです。残ったら焼いてさんが焼きとして食べることもできるので、あじがたくさん手に入ったときにも便利と話題になります。

材料(2人分)

  • あじ中1尾 (正味65g程度)
  • 小ねぎ3本 (6g)
  • しょうが薄切り2枚 (5g)
  • 青じそ2枚 (2g)
  • みそ大さじ1/2 (9g)

作り方

  1. あじは三枚におろし、小骨を抜き皮を剥いで1cm幅に切る。小ねぎ、しょうがは細かく刻み、青じそは千切りにする。
  2. まな板にあじ・小ねぎ・しょうが・青じそ・みそをのせて、包丁で粘りが出るまでよく叩いて完成。

管理栄養士からのコメント

鮮度のいいあじと香味野菜をたっぷり使ったなめろうは、魚のにおいが気になる方にも食べやすいかもしれません。温かい料理よりも冷たい料理のほうがにおいが立ちにくいので、試してみてはいかがでしょう。香味野菜はお好みで増量してもよいです。香味野菜をたっぷりきかせた料理は、味がしない悩みがある方にもよいでしょう。
残ってしまった場合はハンバーグのように成形してフライパンで焼いて、さんが焼きにして食べてもおいしいです。他に、ごはんの上にのせて、だしやお茶をかけてお茶漬けにする食べ方もおいしいです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.