がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピさばチリ

管理栄養士監修レシピ掲載

さばチリ

Loading マイレシピに登録

エネルギー 272kcal/たんぱく質 14.6g/食塩相当量 1.7g

STORY

えびチリの味付けを他にも応用したいと思い作りました。ケチャップや豆板醤で簡単に作れるチリソースは、ご飯がすすむ味付けです。辛さは豆板醤の量で調整できるので、お好みにあわせて下さい。

材料(2人分)

  • さば半身1枚 (130g)
  • チンゲン菜1株 (120g)
  • 長ねぎ1/6本 (15g)
  • しょうがスライス2枚程度 (3g)
  • にんにく1/2片 (3g)
  • サラダ油大さじ1 (12g)
  • 片栗粉大さじ1 (9g)
  • ~合わせ調味料~
  • ケチャップ大さじ2 (30g)
  • 大さじ2 (30ml)
  • 濃口醤油大さじ1/2 (9g)
  • 砂糖大さじ1/2 (4.5g)
  • 豆板醤小さじ1/2 (3g)

作り方

  1. チンゲン菜は縦に四等分に切り分けて、1~2分茹でて冷水で冷まし、水気を絞る。
  2. さばは骨を除いて一口大に切る。長ねぎ・しょうが・にんにくはみじん切りにする。合わせ調味料を混ぜておく。
  3. フライパンに油をひいて、さばに片栗粉をまぶして焼く。両面に焼き色がついたら一度取り出す。
  4. フライパンの汚れをふき取り、しょうが・にんにくを炒める。香りがしてきたら③のさばと長ねぎ・合わせ調味料を加えて煮絡める。
  5. お皿に盛り、①のチンゲン菜を添えて完成。

管理栄養士からのコメント

塩さばを使っても大丈夫です。その場合は味付けの塩分の量を控えて調整して下さい。
味がしない悩みがあるときには、味にアクセントをつけるとよいです。このレシピでは豆板醤の辛味を活かして、味にアクセントをつけています。辛さはお好みで豆板醤の量を調整して下さい。また、しょうがやねぎなどの香味野菜の味わいもアクセントになります。こちらもお好みで増量してもよいでしょう。

LINEで送る
友だち追加

"さばチリ"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.