がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピ揚げ里芋のきのこあん

管理栄養士監修レシピ掲載

揚げ里芋のきのこあん

エネルギー 172kcal/たんぱく質 4.5g/食塩相当量 1.4g

STORY

高齢者施設で人気だった里芋をアレンジしたレシピです。揚げるだけではあまり人気がなかったので、きのこのあんをかけて出してみたところ好評で、リクエストでよく名前の挙がる1品になりました。

材料(2人分)

  • 里芋300g (目安8個)
  • 片栗粉10g
  • 揚げ油適量
  • 舞茸40g
  • なめこ100g
  • しめじ60g
  • 白だし大さじ4
  • 300cc
  • 片栗粉大さじ2
  • 大さじ2
  • 万能ねぎ

作り方

  1. 里芋はよく洗った後に沸騰したお湯(分量外)で10分茹で、水にさらしながら皮をむきます。
  2. 水を拭きとった里芋に片栗粉をまぶし、油170℃で5分揚げます。
  3. 鍋に水300ccと白だしを入れて火にかけて、沸騰したら弱火にしてきのこ類を入れて3分茹でます。
  4. 片栗粉を大さじ2の水で溶いて、③に入れてとろみをつけます。
  5. 器に②の里芋をいれて、その上からきのこあんをかけて、万能ねぎをトッピングします。

管理栄養士からのコメント

食物繊維豊富な里芋ときのこ類の組み合わせです。あんかけにした事で、揚げた里芋も食べやすくなります。きのこはお好みの物を使って下さい。また、今回の手順①のようにすると、里芋は手がかゆくならず簡単に皮を剥く事ができます。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.