がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピリコッタチーズとハムのパテ

管理栄養士監修レシピ掲載

リコッタチーズとハムのパテ

0

STORY

ハムが余っていたので、いつもと違う食べ方をしてみようと作りました。リコッタチーズは市販品でもいいですし、手作りするのも簡単です。軽い味わいのパテはパンに塗るだけでなく、そのまま食べてもおいしいです。牛乳が苦手な方もチーズは好きと食べてくれます。

材料(2人分)

  • ハム60g
  • リコッタチーズ60g
  • パルメザンチーズ大さじ1/2 (3g)

作り方

  1. ハム・リコッタチーズ・パルメザンチーズをあわせてミキサーやブレンダーでなめらかにして完成。

管理栄養士からのコメント

ハムとチーズに塩気があるので、味付けは特にしなくても大丈夫ですが、お好みで塩・こしょうなどで味をつけてもよいでしょう。ゆるめが好みの場合は生クリームや牛乳を少しずつ加えて調整してもよいです。ハムはそのままでも食べられるので、冷たい料理にも使えます。熱い料理よりも冷たい料理のほうがにおいが立ちにくく、料理のにおいが気になるときは冷たい料理のほうが食べやすい傾向があります。肉のにおいが気になるときも、ハムは食べやすいかもしれませんので、取り入れてみてはいかがでしょう。あっさりしたパテはムースのようにそのまま食べてもおいしいです。噛むことが辛いときにも食べやすいと思います。リコッタチーズを牛乳とレモン汁で作る場合は、牛乳300ml・レモン汁15mlで作るとこのレシピ1回分によい量が作れます。牛乳を火にかけ、沸騰させずにレモン汁を加えて混ぜ、火を止めたらそのまま10分ほど置いて、キッチンペーパーなどをしいたザルで濾して水気を絞るとリコッタチーズが出来上がります。簡単なので、手作りリコッタチーズでもぜひ試してみて欲しいです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.