鮭のムニエルレモンクリームソース

2017.09.29

お悩み

関連キーワード

調理時間

-

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

爽やかな香りとコクが楽しめる

皮まで使える国産レモンなどが手に入ったときには、皮も使った料理が作りたくなります。レモンの果皮の風味を加えたクリームソースは、爽やかな香りとコクが楽しめます。鮭のムニエルは定番ですが、ごはんにもパンにも合うおかずとして喜ばれます。

  • 栄養価
  • 材料・作り方

栄養価

エネルギー 290 kcal

たんぱく質 19.1 g

食塩相当量 1 g

材料(2人分)

生鮭
2切れ (150g)
少々 (0.5g)
こしょう
少々
薄力粉
小さじ2 (6g)
バター
小さじ2 (8g)
アスパラガス
4本 (100g)
生クリーム
大さじ4 (60ml)
レモン
1/3個 (30g)
1g

作り方

  • 鮭は塩・こしょうをふって5分程置く。アスパラガスは半分に切る。レモンは輪切りを2枚用意したら、残りは皮をすりおろす。
  • 鮭の水分をキッチンペーパーでふいて、薄力粉を薄くまぶして、熱したフライパンにバターを引いて皮目から焼く。アスパラガスも一緒に焼く。
  • 中弱火で焼いて、鮭に焼き色がついてきたら裏返して同様に焼く。焼きあがったらお皿に盛る。
  • フライパンの汚れをさっとふいて、生クリームとレモンの果皮と果汁を絞り加えて煮立て、塩で味を整えて③のムニエルにかける。①のレモンの輪切りをのせて完成。

管理栄養士からのコメント

味がしない悩みがあるときには、味にアクセントをつけるとよいです。レモンの爽やかな香りや酸味もよいアクセントになるので、試してみてはいかがでしょう。生クリームの代わりに、バターを使ってレモンバターソースのムニエルにしてもよいでしょう。その場合は1人分バター大さじ1で作ってみてください。また、魚は鮭の代わりにタラやタイなどもおいしいです。お好きな魚でチャレンジしてみてください。付け合わせは、下茹で不要で一緒に焼きあげられるアスパラガスを使いましたが、お好きなもので大丈夫です。ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜も栄養価が高くおすすめです。

レシピレビュー

2019.12.18

鈴木花子

とても簡単で、すごく美味しかったです!

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

2019.12.18

山田太郎6

是非また作りたいと思います。

豆腐入り鮭のムニエル

役に立った : 000
報告する

会員登録をして
レビューを閲覧・投稿しよう!
ベーシック会員(無料)登録へ

本日のおすすめレシピ

特集&お知らせ

クラウドファンディング SPECIAL THANKS
ページトップへ戻るボタン
;