がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピコーン茶わん蒸し

管理栄養士監修レシピ掲載

コーン茶わん蒸し

STORY

子供が風邪をひいた時によく作っているレシピです。大好きな茶わん蒸しをアレンジしました。冷やしてツルンと食べられるので、口内炎への刺激も少ないです。

材料(2人分)

  • 1個
  • 市販のコーンスープの素 (粉末)1袋
  • 100cc
  • 牛乳100cc

作り方

  1. 鍋にコーンスープの素と水を入れて温め、粉が溶けたら火を止める。
  2. ①に牛乳を加えてよく混ぜる。
  3. ②に卵を割り入れて、白身を切るようにして混ぜる。
  4. ③をザル等で濾して容器に入れる。
  5. 蒸し器に入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして10分蒸して完成。

管理栄養士からのコメント

料理を冷ます事で口内炎への刺激が少なくなり、軟らかい食感の茶わん蒸しなので咀嚼の負担も減らせます。また、口内炎に効果的なビタミンB2をたくさん含む卵と、粘膜を保護するのにおすすめな牛乳を材料に使っているのもポイントです。分離しやすいので、容器に入れた後は長時間放置せずに早めに蒸してください。蒸し器が無い場合は、容器に入れてラップをして、数か所竹串で穴を空けます。フライパンに容器を並べて、容器が1/3くらいつかる水を入れます。火にかけて蓋をして、沸騰したら弱火で10分蒸し状態にします。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.