がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピかきたま春雨スープ

管理栄養士監修レシピ掲載

かきたま春雨スープ

エネルギー 88kcal/たんぱく質 5.0g/食塩相当量 1.2g

0

STORY

下痢になった時は消化に良い食事はもちろん、水分補給も忘れてはいけないポイントです。温かく消化に良いかきたま汁に春雨を入れたメニューは、胃腸の弱っている病院の患者さんにも好評の一品でした。

材料(2人分)

  • 春雨20g
  • にんじん1/4本
  • 400ml
  • 鶏がらスープの素小さじ1
  • しょうゆ小さじ1
  • 1個

作り方

  1. 春雨はキッチンバサミ等で食べやすい大きさに切る。にんじんはせん切りにする。卵を溶いておく。
  2. 鍋に水・にんじんを加え、蓋をして弱火で5分ほど煮る。
  3. 春雨・鶏がらスープの素・しょうゆを加え、更に3分ほど煮る。
  4. 春雨やにんじんが柔らかくなっていたら、卵を流し入れてとじる。

管理栄養士からのコメント

春雨は水で戻さず汁にそのまま入れることで、簡単に作れてスープにとろみがつくようにしました。春雨はどんどん水分を吸うため、時間が経った後に口にする場合は、水を増やしましょう。また、卵はゆで卵や落とし卵にするよりも、かきたま汁のようにした方が消化に良くなりオススメです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.