がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピお手軽カレーパン

管理栄養士監修レシピ掲載

お手軽カレーパン

調理時間 : 25分

エネルギー 286kcal/たんぱく質 7.3g/食塩相当量 1.2g

STORY

手作りのカレーパンならお好みのカレーで楽しめます。市販のパンを活用して手軽に作れるレシピです。定番のビーフカレーやチキンカレーのほか、キーマや夏野菜など、お好みのカレーで作ってみてはいかがでしょう。

材料(2人分)

  • サンドイッチ用食パン4枚(72g)
  • カレー100g
  • 1/2個(25g)
  • パン粉大さじ4(12g)
  • 適量

作り方

  1. カレーの汁気が多い場合は鍋で煮詰めて水分を飛ばし、食パン2枚の中央にのせ、パンの周囲に溶いた卵を塗り、その上に残りのパン2枚を1枚ずつのせて周囲をフォークの先端で抑えて閉じる。
  2. 残りの溶き卵、パン粉を順に①につけて、180℃くらいに熱した油に入れて、きつね色になるまで揚げるか揚げ焼きにする。

管理栄養士からのコメント

パンの中に入れやすいようにカレーの汁気を減らすとよいです。煮詰めてもいいですが、具のじゃがいもを潰してまとめるなどの工夫をしてもいいですね。レトルトカレーを使ってもよいですが、同様に汁気を減らす工夫を意識すると作りやすいと思います。スパイシーな味わいが美味しいカレーは味を感じにくいときにもおすすめですし、食欲をかきたててくれそうです。揚げてもよいですが、多めの油をフライパンにひいて、揚げ焼きにしても作ることができます。油を多く使っているので、効率よくエネルギーを摂りたいときにもよいでしょう。

※栄養価のカレーは食品成分表の「カレー・ビーフ、レトルトパウチ」で、吸油率は10%で計算してあります。カレーの具や種類によって栄養価は異なります。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.