がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページレシピチーズスクランブルエッグ

管理栄養士監修レシピ掲載

チーズスクランブルエッグ

STORY

とろとろのスクランブルエッグは朝食に人気のメニューです。チーズのうまみもおいしく、牛乳が苦手な方のカルシウム補給などにも役立ちます。そのまま食べても、パンにのせて食べても美味しく召し上がれます。

材料(2人分)

  • 2個(100g)
  • 生クリーム大さじ2(30g)
  • プロセスチーズ20g
  • バター大さじ1/2(6g)
  • ベビーリーフ20g
  • ミニトマト4個(50g)

作り方

  1. ボウルに卵を割り、生クリームと小さく切ったチーズを加えて混ぜる。
  2. フライパンを火にかけてバターを入れて溶かし、①を加えて木べらなどで混ぜながら弱火で3~5分、とろみがつくまで加熱する。
  3. 好みの柔らかさになたら火からおろしてお皿に盛り、付け合わせのベビーリーフとミニトマトを添える。

管理栄養士からのコメント

口内炎が痛む場合は、塩や醤油を控えるとよいでしょう。このレシピではチーズの旨みと塩気でおいしくいただけますが、食べやすさや食べる人の状態に合わせて、味付けは調整して下さい。また、クリームを使用するようなまろやかな料理や、あまり噛まずに済むやわらかい料理が食べやすいようです。クリームとチーズ入りで柔らかく仕上げられるスクランブルエッグなので、弱火で混ぜながら、食べやすい柔らかさに仕上げましょう。卵とチーズの良質なタンパク質が摂れるだけでなく、生クリームとバター入りでエネルギーも摂れます。少量で栄養を付けたいときにもいかがでしょうか。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.