がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページキャンサーペアレンツ

広告企画ロゴ:Cancer Parents

Cancer Parents×カマエイド コラボ企画

お母さん一緒に作ろう!お母さん一緒に作ろう!

親子のキズナを食事で。

都内の閑静な住宅街。ご自宅へお招きくださった市村さん(45歳)は、3年前に卵巣がんがみつかり、大腸の一部を摘出、現在も月に一度の通院を続けています。
そんな市村さんには可愛いお子さんが2人。13歳の長男、そして9歳の長女結実子(ゆみこ)ちゃん。食べることが大好きという市村さんですが、手術や抗がん剤の影響で、食事の悩みに苦しんだ時期がありました。
そんなおかあさんのために、今日は結実子ちゃんが、お母さんにピッタリのごはん作りにチャレンジします。

レシピ選びのポイント

大腸の一部を切除手術されている市村さんにとって、気になるのが下痢や腸閉塞のリスク。次の4つのポイントでレシピを選びました。

  • 食物繊維を控えめに
  • 水分を含んだ、消化の良い食事
  • 1回の食事の量を調整(分食)
  • 食べた量を把握しやすい食事に

お昼ごはん作りにチャレンジ

お昼ごはんのメニュー お星様そうめん 厚揚げの味噌チーズ焼き 柔らかしらたま団子

やる気満々の結実子ちゃん。お母さんと一緒に楽しくおいしくクッキングできるかな?

お母さん、まずはレシピを検索!材料と手順の確認です。

お星さまそうめんお星さまそうめん

お星さまそうめん 調理風景

やわらか白玉団子やわらか白玉団子

やわらか白玉団子 調理風景

そして・・・

完成〜!!

大好きなお母さんと一緒に作ったご飯は、いつもの何倍も楽しく、おいしいものになりました。親子のキズナもぐんと深まったようです。よかったね!結実子ちゃん。

結実子ちゃんの感想

「おいしくな~れ。おいしくな~れ。」とねがいながら作りました。お母さんもよろこんでくれて、わたしもとてもうれしかったです。

一緒につくったごはんレシピはこちら!一緒につくったごはんレシピはこちら!


  • お星さまそうめん

    消化のよいそうめんは具材のトッピングで栄養価を高められます。術後の食事に適しています。

    レシピを見る


  • 厚揚げの味噌チーズ焼き

    カロリーとたんぱく質を摂取できる上、消化のよさが特長。回復期の体力をつけたいときにおすすめです。

    レシピを見る


  • やわらか白玉団子

    つるんとしたのどごしが食べやすいデザートです。豆腐を加えることでたんぱく質の補給にもなります。

    レシピを見る

お子さんの思い

私に何ができるのか。

がんに罹患して、辛い治療や先の不安、周りの方の理解など、数知れないたくさんのことに悩んできましたが、これは子どもも同じですね。罹患して間もない頃、長男が泣いていると学校から連絡が入ることがありました。子どもたちの小さな胸で、病気のことを一生懸命受け入れようとしてくれていたのだと思うと、言葉にできないものがありました。
私に何ができるのか、子どもたちの将来を思う気持ちや、私自身がいつまでも元気でいられるためには・・・そう考えたとき、「食」は切っても切り離せないものがあります。

イメージ:親子

長男がアレルギー気質だったこともあり普段から食事には気を配っている方ですが、地物を使った料理や腸閉塞予防に心がけた調理方法など、改めて見直す機会となりました。副作用の軽減をイメージし、無理なく美味しく食べることはもちろん、ウォーキングなどの運動にも取り組んでいます。こうした少しの努力が、空腹感を生み出したり、排便リズムを作ったりと、今の自分のスタイルを気づけたのだと思っています。

食卓を囲む温かさ。
かけがえのない時間。

子どもたちに対しては、決して難しいことを伝えたいわけではありません。食べる楽しさ、できたてを美味しく、苦手なものを工夫して食べられたという喜び、食卓を囲む温かさ。そんな経験が、子どもたちのまたその先の子どもたちにつながっていくことを願うとともに、私たち家族にとっても、今、この時間が、かけがえのないものなのです。

今を生きる、ことを見せる。

がんに関わらず、困難な状況の中で大人がどういう姿勢でいるかは、そばにいる子どもたちに大きな影響をあたえます。私自身も、自分の行動の先に、ふと父や母を感じるものです。将来、ずっとそばにいてあげられなくとも、子どもに受け継がれて私が生きてきた意味があったとどこかで感じてもらえると思い、焦らず今を生きようと思います。
この子たちを授けてくれた卵巣の役割に感謝。私の卵巣さん、お疲れさま。
命のリレーに参加できたこと、ありがとう。

イメージ:親子

こどもをもつがん患者でつながろうキャンサーペアレンツのご紹介

イラスト
Cancer Parents こどもをつもがん患者でつながろう

市村さんも登録している「キャンサーペアレンツ」。お子さんをもつがん患者さんなら誰でも登録できるコミュニティーサイトで、現在約3,200名(2019年7月現在)が利用しています。お子さんやご家族のこと、仕事や日々の生活のこと、がんにまつわる情報などを日記として綴ることができ、同じ境遇の方同士で気持ちを共有しあったり、つながったりできる場所として、大きな役割を果たしています。代表の西口洋平さんも10歳のお子さんをもつパパ。がん教育やえほんプロジェクトなど様々な活動にも注目が集まっています。

公式ホームページはこちらから

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.