がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページがん(癌)と食事・栄養|「胃の手術後」の食事について

「胃の手術後」の食事について

がん患者さんが抱える悩みの一つに「食事の悩み」があり、「治療的影響」「心理的影響」「体力の影響」が原因と言われています。手術や抗がん剤治療、放射線治療など治療方法によっても食事への影響が異なります。悩みを抱えている方も多いと思われる「胃の手術後」の食事について解説します。

<監修>
大妻女子大学 家政学部教授 がん病態栄養専門管理栄養士 川口美喜子 先生

1.胃の手術後に起こりうる悩み

・胃液の分泌がなくなります。(一部の栄養素の吸収障害)
・1回の食事量が少なくなります。
・胃食道逆流が起こりやすくなります。
・胃からの排泄遅延が起こりやすくなります。
・ダンピング症状が起こりやすくなります。

2.胃の手術後に起こりうる合併症

・創傷治癒の遅延(キズが治りにくい)
・筋力の低下
・摂食嚥下障害(誤嚥性肺炎)
・免疫能の障害(感染症合併症)
・耐糖能の障害(インスリン抵抗性が大きくなり血糖上昇)

3.胃の手術後に起こりうる栄養素の吸収障害

○鉄分
胃酸分泌が低下するため、吸収が低下します。
→鉄欠乏性貧血(半年~1年)

○ビタミンB12
胃全摘では、壁細胞から内因子が分泌されないため、吸収されなくなります。
※内服により吸収される事がわかってきています。
→巨赤芽球性貧血(全摘後3年~5年)

○カルシウム
胃酸の分泌が少なくなるため吸収障害が起こることもあります。

○ビタミンD
脂肪の吸収障害にビタミンDの吸収も低下します。カルシウム移動が促進され、骨軟化症や骨粗鬆症などが起こることもあります。

4.ダンピング症状の対策について

○早期(前期)ダンピング症状
食後30分以内にあらわれ、発汗・嘔吐・腹痛・めまい・顔面紅潮などが挙げられます。
・時間をかけてゆっくり食べましょう。
・1回の食事量を少なくして回数を多くしましょう。(少量頻回食)
・食事中の水分を控えめにしましょう。

○後期(晩期)ダンピング症状
食後2~3時間経った頃にあらわれ、冷や汗・発汗・脱力感・めまいなどが挙げられます。
・1回の食事量を少なくして回数を多くしましょう。(少量頻回食)

5.食事の基本

・時間をかけてゆっくり食べましょう。
・1回の食事量を少なくして回数を多くしましょう。(少量頻回食)
・食事内容は段階的にしましょう。(繊維質や揚げ物などは少量ずつから)
・カルシウム、鉄分、ビタミンが不足しないように心がけましょう。
 →ビタミンCには鉄分の吸収を助ける働きもあります。

その他、下痢や便秘に悩む方もいらっしゃるとお聞きします。カマエイドでは、下痢・便秘に対応するレシピや、やわらかく煮込んであるレシピなども掲載しています。無理のない範囲で参考にしていただき、少しでも美味しく楽しく食べる事のサポートができれば幸いです。

<参考情報>
国立がん研究センターがん情報サービス
https://ganjoho.jp/public/support/dietarylife/postoperative.html

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.