がん治療に伴う「食事の悩み」|解消を目的とした食事・レシピ集

カマエイドトップページレシピとろろごはん

レシピ

とろろごはん

Loading マイレシピに登録

STORY

軟らかくてとろみのあるとろろごはんは食べやすく、ごはんにあいーとを使えばより食べやすくなると思います。家族みんなでおいしく食べられる料理です。
※このレシピで使用しているあいーと商品の詳細はこちらです。

材料(1人分)

  • あいーと/ごはん1個
  • 長芋50g
  • だし大さじ1
  • 醤油小さじ1/3 (2g)
  • うずらの卵1個 (10g)
  • 青のり少々

作り方

  1. あいーと「ごはん」を温める。あいーと「ごはん」の温め時間の目安は、電子レンジ200Wの場合7分・500Wの場合は3分、蒸し器(80℃)の場合20分です。
  2. 長芋はすりおろし、だしと醤油を混ぜる。
  3. 丼にあいーと「ごはん」を盛り、その上に②をかけて、うずらの卵を割ってのせ、青のりをかけて完成。

管理栄養士からのコメント

うずらの卵の代わりに鶏卵の卵黄でもよいです。コクが加わり、彩りも明るくなります。食べる方にあわせて調整してください(青のりも)。
今回は長芋を使用していますが、山芋でもとろろは作れます。長芋はあっさり、山芋は濃厚なおいしさと粘りがあります。だしの量を増やすと仕上がりも変わるので、食べる方にあわせて調整してみてください。

LINEで送る
友だち追加

"とろろごはん"の感想・経験談

会員登録・ログインで、みんなの感想を見たり、ご自身の感想や経験談を投稿できます。

ログイン 会員登録(無料)

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.