がん患者さんと家族をサポートするレシピサイト【カマエイド】

カマエイドトップページがん(癌)と食事・栄養|「大腸の手術後」の食事について

「大腸の手術後」の食事について

がん患者さんが抱える悩みの一つに「食事の悩み」があり、「治療的影響」「心理的影響」「体力の影響」が原因と言われています。手術や抗がん剤治療、放射線治療など治療方法によっても食事への影響が異なります。悩みを抱えている方も多いと思われる「大腸の手術後」の食事について解説します。

<監修>
大妻女子大学 家政学部教授 がん病態栄養専門管理栄養士 川口美喜子 先生

1.大腸の手術後に起こりうる悩み

・水分の多い軟便や下痢
・便が頻繁に排出される頻便
・水分や電解質の吸収障害
・ガスのにおいの対策(ストーマ装着の場合)
・腸閉塞になる場合がある


2.便やガスに影響が出やすい食品

○便の症状
・やわらかくなりやすい
炭酸飲料、ビール、お酒、アイスクリーム、果物、生卵
・硬くなりやすい
米飯、さといも、もち、うどん、ぱん、白身魚
・消化に注意
海藻類、キノコ類、れんこん、ごぼう、たけのこ、脂肪の多い肉類

○ガスへの影響
・発生させやすい
栗、さつまいも、山芋、豆類、ごぼう、大根、きゃべつ、はくさい、カリフラワー、ねぎ、えび、かに、貝、ラーメン、炭酸飲料、ビール、菓子、ジュースなど
・発生を抑える
乳酸飲料、ヨーグルト、パセリ、レモンなど

○においへの影響
・においを強くする
ニラ、アスパラガス、ねぎ、にんにく、玉ねぎ、チーズ、貝、かに、えび、卵など
・においを抑える
レモン、パセリ、グレープフルーツジュース、クランベリージュース、ヨーグルトなど

3.食事の基本

・よく噛んで消化を助けましょう。
・腸閉塞の予防を第一にしましょう。
・食べすぎないようにしましょう。
・食物繊維は控えめにしましょう。(術後3ヶ月)
・体調が優れない時は、刺激物やガスのたまりやすい食品は気をつけましょう。

下痢でなく、便秘に悩み方もいらっしゃるとお聞きします。カマエイドでは、下痢・便秘に対応するレシピとして、水分の多いレシピや食物繊維が豊富なレシピなど掲載しています。無理のない範囲で参考にしていただき、少しでも美味しく楽しく食べる事のサポートができれば幸いです。

LINEで送る
友だち追加

当サイトに掲載しているレシピは、様々な経歴の管理栄養士の方々に監修・考案いただいております。管理栄養士の方々が過去の経歴で培った「食事の工夫」を掲載しておりますが、「味がしない」「吐き気」に対応する「食事の工夫」など、がんを患っていない方に対して提供されてきた「食事の工夫」も掲載しております。医療行為や治療、又はこれに準ずる行為を目的として利用することはできませんので、医師の指示のもと治療や栄養指導を受けている方は、必ずその指示・指導に従っていただくようお願い致します。

© STSP All Rights Reserved.